• NEWS & PRESS
  • PRESS
  • データビジュアライズサービス「graffe (グラーフ)」提供開始 ~企業が保有する膨大なデータから、経営の意思決定に必要な分析を低価格で提供~
INFORMATION
home

2015.03.10

データビジュアライズサービス「graffe (グラーフ)」提供開始 ~企業が保有する膨大なデータから、経営の意思決定に必要な分析を低価格で提供~

graffe_eyecatch_pressrelease

データビジュアライズサービス「graffe (グラーフ)」の提供を開始いたしました

“マーケティング領域”に特化したコンサルティングサービスを提供する株式会社ギックス(本社:東京都港区 代表取締役 網野知博)は、3 月 10 日、戦略コンサルティング・データ分析ノウハウをパッケージ化したデータビジュアライズサービス「graffe(グラーフ)」の提供を開始いたします。

※株式会社ギックスのサイトはコチラから

データビジュアライズサービス「graffe(グラーフ)」

graffe は経営の意思決定に必要な各種の情報を、企業が持つ様々なデータをもとに分析し「可視化(=ビジュアライズ)」するサービスです。一般的に、小売店であれば POS 情報、クレジットカード会社であれば利用明細などの「販売情報」に「顧客情報」などを紐づけることで、単なるデータから“意思決定を行うことができる”分析情報に変換することが可能です。これまでは数億円単位の投資を伴うパッケージソフトで実現していた分析環境を、低価格で提供いたします。

graffe_PR01

主な特徴

ギックスの「チームCMOサービス」をパッケージ化

「企業のマーケティング統括責任者」である、CMO(Chief Marketing Officer)を補佐あるいは代行するギックスの主軸事業「チーム CMO サービス」では、CMO の判断・意思決定をサポートする対面形式でのコンサルティング業務で高品質なデータ分析サービスを提供していました。「graffe」は、この「チーム CMO サービス」の知見をもとに開発したデータ分析システムを切り出し、業界・業種別に「より安く」「より早く」ご提供できるパッケージサービスです。

graffe_PR02.png

※チームCMOサービスの詳細はコチラから

圧倒的な低価格で、ハイスペック且つフレキシブルな分析環境をご提供

例えば、6億明細を扱うクレジットカード企業様が、大手ITベンダー様ご提供のパッケージソフトを用いて構築する場合、開発期間6ヶ月で合計1.5~2億円程度の初期費用が発生します。また、ランニングコストに関しても、3年間で1.5億円以上の運用費がかかることが見込まれます。一方、「graffe」では、1ヶ月と短納期な上に、初期費用は250万円。ランニングコストも、大手ITベンダー様に比較して3分の1程度に押さえられます。また、自社で分析用機器(ハードウェア)を整備する必要がないため、必要な時に必要な分析環境をご提供することが可能です。

graffe_PR03.png

依頼企業のデータ活用状況に合わせ、データ活用診断とレポート選定

「graffe」では、まず導入企業様のデータ活用診断を行います。その結果をもとに、分析活用レベルに合わせて全 6 レベルの中から見るべきレポートを推薦し、分析レポート活用の推奨ロードマップを提示します。大量の分析レポートを出すことが、必ずしも企業のデータ活用につながるわけではありません。企業の実状に合った分析からスタートし、データ活用の状況やご担当者様のスキルに合わせ、段階的に分析の高度化を行うことで、企業にデータ活用の文化を浸透させることが可能です。

▼ご提供頂くデータの種類

例1. クレジットカード会社の場合

  • 会員マスタ(個人を特定できないもの) 
  • 利用トランザクションデータ
  • 付帯サービス設定ステータスデータ

例.2 小売店の場合

  • POSデータ (ID-POSの場合は会員データも含む)
  • 商品マスタ、棚データ
  • インストアプロモーションデータ

▼ レポーティングの流れ

  1. データ活用診断
  2. データ活用診断の結果から必要なレポートのご提案
  3. 「graffe」にデータをアップロード
  4. 専用データベースの構築(約1ヶ月程度)
  5. 毎月1回のレポーティング

▼ご利用料金

graffe_PR04

今後の展開

「graffe」においては、2015年度中にクレジットカード会社・ネット企業・小売店などを中心に20件の導入を目指します。今後、ギックスでは「graffe」の他にもデータ分析を基軸として、人流分析(grid)・オペレーション管理(grip)など様々なサービスを開発・提供し、「graffe」との連携を進めていく予定です。

株式会社ギックスについて

2012年12月12日 、“戦略コンサルティング”と“アナリティクス”を組み合わせ「CMO の役割を補完し、クライアントの企業価値の向上に貢献」することを志して創業。クライアント企業の経営課題をマーケティング視点で明確化し、戦略や実効策の検討及びその実行による効果創出に寄与すべく“マーケティング領域”に特化したコンサルティングサービスを提供。「チーム CMO」と言う名称で、CMO(Chief Marketing Officer)の代行/支援を実施。マーケティング戦略、アナリティクスを組み合わせ、顧客ニーズに合わせ、以下の 3 つのタイプの支援を行っている。

  • マーケティング戦略×アナリティクス/データ活用をご支援。半年~1 年間でスキルを顧客に移管する「フルサービス型」
  • マーケティング戦略立案・実行を軸に CMO の機能を代行する「完全成果報酬型」(主にベンチャー企業向け)
  • アナリティクスを軸に、事業の高度化に向けたデータ分析活用の支援・教育を行う「分析業務支援型」

※株式会社ギックスのサイトはコチラから

 

関連記事
INFORMATION
© GiXo Ltd.