• NEWS & PRESS
  • NEWS
  • graffe/グラーフ データ活用診断パックのご紹介|分析のための分析ではなく、ビジネス目的達成のための分析に取り組もう
INFORMATION
home

2015.09.01

graffe/グラーフ データ活用診断パックのご紹介|分析のための分析ではなく、ビジネス目的達成のための分析に取り組もう

graffe_diagnosis_780

データ活用の方向性について「真剣に考える」ことをご支援します

2015年9月より、株式会社ギックスは「graffe データ活用に関する初期診断サービス」の提供を開始しました。

”データ分析”は、あくまでも手段。「なんのために?」を考えよう。

データ分析は、手段に過ぎません。大切なのは、分析結果(OUTPUT)を受けて”成果(OUTCOME)”に結び付けることです。(関連記事:アウトプットとアウトカム

然しながら、多くの企業様において「分析することが目的」となっているのが実態です。いやいやそんなことはない、と仰る方も、よくよく聞いてみると「上司に報告することが目的」であったり、「取引先に見せることが目的」だったりします。

graffeのレポートサービスは「OUTPUT」として分析結果をご提供することを第一義として設計していますが、その手前の段階で「そもそも、分析結果を受けて、どのように成果に結びつけていくのか」を突き詰める必要があるお客様も多くいらっしゃるということを踏まえ、以下のポイントに注力した「データ活用に関する初期診断サービス」を開始することとなりました。

データ活用 初期診断サービスの狙い

データ活用 初期診断サービスにおいては、以下のポイントを「御社の実データを用いた”分析結果レポート”を見ながら」明らかにしていきます。

  • 自社内に存在する「データを活用する」と、いったい何ができるのか?
  • そもそも、自社において「データを活用する」ということは、何を目的としているのか?
  • 現在、自社が保有している or 検討している分析システムで”十分”なのか、あるいは、実は”やりすぎ・過剰投資”ではないのか?

初期診断+貴社の状況に合わせた「分析レポート」を2ヶ月/500万円でご提供

弊社では、データ活用に関する初期診断サービスの代表的な提供形態である「初期診断パック(8週間/500万円)」をお勧めしております。(※データ構造の複雑性によっては、別途お見積りを行わせていただく場合がございます。)

代表的な提供サービス:「初期診断パック」

graffe_diagnosis_001

初期診断パックは、大きく3つのステップに分かれています。

  • STEP1:貴社のデータをお預かりします。一般的には、売上明細データ等の取引情報(トランザクション情報)と、その属性情報となるマスタ情報です。
  • STEP2:お預かりしたデータから、実際に「分析レポート」を生成します。(サンプルではなく、全件データを用いてフルパッケージで分析を行います)
  • STEP3:その分析レポートを見ながら、自社の”目的・ゴール=成果(OUTCOME)”に対して、”分析”がどうあるべきかを見極めます。

また、この「初期診断パック」に加え、ご要望に応じて、データサイエンティスト育成サービスや、分析結果の読み解き支援(コンサルティング)などのオプションをお付けすることも可能です。

最初の目的は「実態を知ること」であり、決して「システムをつくること」ではない

ギックスでは、データ活用は「手段に過ぎない」と考えています。つまり、「なんらかのシステムを作って導入する」というシステム開発企業の視点ではなく、「事業・ビジネスがどうあるべきか」という戦略コンサルティングの視点から、”分析業務”を捉えているわけです。

分析における最初の一歩は、実態を知ることです。如何に早く実態を押さえ、その実態に対して、どのように対応していくべきかを考えることが重要です。

ギックスの初期診断パックは、先述した3つのSTEPそれぞれにおいて、競合サービスとは大きく異なる特徴を持っています。

graffe_diagnosis_002

STEP1:貴社データをお預かり→「簡単でお手間を取らせません」 初期診断パックにおいては、データボリュームを気にしていただく必要がありません。また、個人情報に関してはハッシュ化(弊社で復号不能な暗号化、とお考えください)するツールをご用意することで分析に関係ない情報を簡単に排除し、情報漏洩リスクにも対応しています。さらに、複数のシステムから出てきた情報の結合処理も、弊社にて実施しますので、貴社のご担当者様のお手間を極力押さえる形でサービス提供が可能です。

STEP2:貴社専用の分析レポートを作成→「圧倒的なスピードでカスタムメイドのレポート」 貴社データを受領後、最短1週間で「分析結果」をご提示します*。その速度で対応しつつ、分析結果から貴社が感じた「深掘りしたいポイント」「気になる仮説」に関する追加レポートの生成も行います。

STEP3:データ活用に関するコンサルテーション→「システム開発ではなく、データ活用に注力」 先ほども申した通り、ギックスはシステム開発企業ではなく戦略コンサルティングファームとしての色合いが強い企業です。そのため、いわゆる”システムありき”の我田引水型ご提案をすることはありません。あくまでも成果(OUTCOME)を基軸として、何を為すべきかについて中立的・客観的にご提案差し上げます。

*一般的に、数百~数千枚作成するレポートを”段階的”にご提供する場合の、最初のご送付タイミングとなります。

「よし、ウチでもとりあえず、ビッグデータで何かしよう」という掛け声には、まず「診断パック」を!

ギックス代表取締役 網野知博の著書「会社を強くする ビッグデータ活用入門」の帯にも書かれていますが、世の中には「とりあえず、うちでもビッグデータで何かやろう!」という鶴の一声によって、大規模システム開発を含む一大プロジェクトが立ち上がることがあります。

しかし、それは、目的が明確でないまま走ることを意味します。「なんのために」が非常に大切なのです。

この書籍を出版した2013年時点では、弊社には「データを活用するための方法論(=コンサルティング)」しかありませんでした。しかし、現在は、本日ご紹介した「初期診断パック」をパッケージングサービスとしてご提供することができます。

「ビッグデータで何かしたい」という思いのある経営者の方、あるいは、そう言われてどうしたらよいかお悩みの部門長・スタッフの方々に、是非「初期診断パック」をご検討いただきたいと思います。

関連記事
INFORMATION
© GiXo Ltd.