多面的なデータ分析により
成果につながる改善策を見出す

graffe(小売業パッケージ)はPOSデータ、人流データ、店内作業ログの
3つの情報を統合的に分析することにより、従来のPOS分析だけでは
把握しきれなかった「商売全体」を可視化します。

POSデータ分析・人流データ分析・店内作業ログ分析

graffe(小売業パッケージ)における分析の流れ

大型商業施設から小規模店舗に至るまで、
“POS”、“人流データ(お客様の行動)、“作業ログ(スタッフの行動)”を統合し、
多面的な分析を加えることにより、各社の状況に合わせた「PDCAサイクル」をご提案します。

  • 1. データ取得
  • >
データ取得
  • POSデータ
  • 人流データログ(お客様の行動)
  • 作業ログ(スタッフの行動)
  • 商品マスタ・会員マスタ等のマスタデータ
  • 2. 分析
  • >
分析
  • POSデータ、人流データ、作業ログの統合
  • 「分析する価値」のある属性フラグの付与
  • 分析結果の出力
  • 3. 打ち手の検討
打ち手の検討
  • 視るべきレポートのレコメンド
  • 分析結果からの気づき・示唆の見極め
  • あるべきPDCAプロセスの設計

graffeの3つのコンポーネント

  • POSデータ分析
  • >

商品はどのように
売れているのか?

豊富なコンサルティング経験で培った売上分析の知見を活かし、POSデータ/ID付きPOSデータから「経営改革に直結する」分析結果を出力します。

  • 人流ログ分析
  • >

お客様はどのように
動いているのか?

店内カメラ、赤外線センサーなどを用いてお客様の流れを捕捉し、「インストアプロモーションと人流」「売上と人流」などの関係性を読み解きます。

  • 作業ログ分析
  • >

スタッフはどのように
動いているのか?

専用の「タスク管理アプリ」により、作業指示と対応結果を把握することで、店内オペレーションの精度向上を促進し、改善余地を抽出します。

POSデータ分析・人流データ分析・店内作業ログ分析

お気軽にお問い合わせください